銀紅花の戯言

PCイオとその背後(香坂紅葉)が管理する、ココロを綴る雑記帳...

Calendar

メロメロパーク
« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

New Entrie

Category

Monthly

Comment

Track Back

Link

Profile

イオ

イオ

生態

Thanks

BLOG:
HTML:Identity
Tips:ヒヨコ君増殖中 愛 FC2版
   JUGEMカスタマイズ講座
Skin:Marie

--年--月--日 ♥ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月08日 ♥ 再会。

エルヴォーグ、防衛で行ってくるの。
人は、多い方がいいから。
ちゃんとただいまって言いに、帰ってくるね(ほえ

***

同じ職場の人が無限PLと解り、尚且つ同じ駅(正確には一寸違うけど)で無限友達が働いている。
すっごい偶然だよなー、とか思いつつ会社近くの駅に向かってたら、すぐ隣に懐かしい顔発見。

友達と話しながら歩く彼。
でもまさかここにいるはずが…、と思いながらちらちら見るボク。
あっちはお話してて当然ボクに気付かない。
違う人かなーどーなのかなー、と悩んでたら、彼が友達と別れた。
小さく呼んでみる。






「……タラちゃん?」
「ぇ…うぉお!?」






本 人 だ っ た ( ∑
笑った笑った。すっごい笑った。だって面白かったんだもん(てめぇ
そうか、大学ここだったのか。つかよく今まで会わなかったねぇ、ボク大学の前通ってたのに(真顔

彼は数少ない男友達なのです。2年間ずっと一緒に図書委員やってたんだよねー(ほえ
まさか会えるなんて思わなくて、凄くびっくりした。元気そうで何よりなのです。
路線が反対方向だから、すぐ別れたけど。



とりあえず思ったこと。
……偶然にしては知り合い率高くないかなこれ(ぁぁ

***

出来ることがあるのなら、
やらなきゃ何も変わらない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


Track Back

Track Back URL : http://cherub.blog9.fc2.com/tb.php/332-dd91f08c

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。