FC2ブログ

銀紅花の戯言

PCイオとその背後(香坂紅葉)が管理する、ココロを綴る雑記帳...

Calendar

メロメロパーク
« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entrie

Category

Monthly

Comment

Track Back

Link

Profile

イオ

イオ

生態

Thanks

BLOG:
HTML:Identity
Tips:ヒヨコ君増殖中 愛 FC2版
   JUGEMカスタマイズ講座
Skin:Marie

--年--月--日 ♥ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月09日 ♥ 究極バトン。

翼から回ってきたですー。
うちのイオの誕生日に彼が答えていたという運命的バトン(意味不明

***

1)好きな人と別れるor嫌いな人と付き合う
嫌いな人と付き合う。
好きな人の傍にいられないなら、そっちの方がいい気がする。
……好きな人に嫌われたら、きっともう無理だと思う。心が。

2)絶対食べなきゃならないなら…激辛or激甘or激苦
激甘。
激辛と激苦は絶対嫌だ。
口から火を吐く趣味も無いし、苦いのなんてもっての他。
甘いのは好きだから…まぁ、他のに比べればだいじょぶだろう。

3)蚊に生まれ変わるorゴキブリに生まれ変わる
蚊(即答
っていうか、

仮定の話だとしてもGなんかに生まれたくねぇ(酷

4)人から愛されなくなるor人を愛せなくなる
回答不可。
これラブバトンでも答えてますが、選べません。
究極過ぎます。

5)夜中に一人で絶対行かなくてはならないなら…墓地or樹海orトンネル
墓地の方がいいなぁ…。
というかボク、保育園がお寺で、マラソン大会は墓地一周という素敵ホラー環境だったので。
夜中でもまだだいじょぶだと思う。

6)すぐに死ぬor一生生き続ける
……すぐに死んだ方がいいかなぁ。
ボクは死ぬのが怖いし、みんなと一緒にいたいとも思うけど。
まぁその反面自分どうでもいいや思って死ぬこと考えたりしたけど。
でも、みんながどんどんいなくなって、独りぼっちなのは嫌だから。

7)織り姫と彦星(年に一度結ばれる)orロミオとジュリエット(永遠にあの世で結ばれる)
………あの世、ってのはさ。
ちゃんと2人の思念とか意識とか、はっきりしてんだよね?
だったらロミジュリ。
周りに人いなくても、生きてて無くても、2人だったらだいじょぶだろう。
逆にはっきりしてなくて、「死」だけだとしたら。
そしたら織り姫と彦星。
一年に一度だとしても、絶対に会えるから。
片方がいなくなるよりはいいしね。
――答えになってるんだろうか(ぁ

8)可愛がられるなら…猫になるor兎になる
猫で。あの敏捷さと気紛れ気質は可愛いし。
今思ったら、猫も兎もイオの家族だねぇ(何だ親馬鹿

9)恋人の前でコスプレをするなら…セーラーorチャイナ
はい、ボクの学校はセーラー服でした!!(今はブレザー
だからチャイナ? いあ単なる消去法で。
ってかチャイナ着てるしね、ボク。今更。

10)恋人とラブホに行くなら…黒下着or赤下着or紫下着
∑ボクが恋人とラブホに行くという想像が出来ません!!(ぁ
んー、選ぶとしたら黒じゃないかなー。似合わなそうだけど。
赤と紫は「あだるてぃ」過ぎて……(ぁ

11)次にバトンを回す人(何人でも)
そうだなぁ……。

*ユンさん
*ウィンさん

この2人で。
あとは欲しい人どうぞー。
スポンサーサイト

コメント

ふははは! 喜んで受けて立とうじゃないか!
(バトン溜まってるやつ/ぁ)
( 2005-12-15 |ユン| #-URL|[ 編集 ])

頑張ってなのっ!
そしてバトン、無理しないようにねー?(手振り
( 2005-12-17 |イオ| #-URL|[ 編集 ])

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


Track Back

Track Back URL : http://cherub.blog9.fc2.com/tb.php/179-9855695e

★greens★

読ませてもらいましたァδ
| 2005-12-09 |日記★|

ブロガー必見!!今このブログが熱い!!

今話題のブログ。その中でも特に人気のあるブログをランキング形式でご紹介。ブロガー必見です!!
| 2005-12-09 |斎藤小百合|

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。